プロジェクターの格安レンタルは プロジェクターレンタル屋さん

TEL: 03-6206-9955【運営:螢┘ぅ澄11:00-19:00(土日祝日は18時まで)

プロジェクターの使い方

使用上のご注意

プロジェクターの動作中は、本体が熱くなります。プロジェクターには排気口があり、何か物を置いたりしてその部分をふさいでしまった場合、ファンによる排熱ができないためにプロジェクター内部に熱がこもってしまい、外装を含め全体が高温になってしまいます。
プロジェクターには、機体の温度が一定値を超えると自動的に動作を停止する機能がありますので、「温度異常」を示すランプが点灯して動かなくなってしまうということが起こりえます。

排気を妨ぐことなく正しい使用法で守っていただければ、プロジェクター自体の冷却ファンが温度を下げてくれますので、触れられなくなるほど熱くなることはありません。
すぐに返却のための梱包が必要な場合でも、専用ダンボールは特に熱に弱い構造ではありませんので、発火してしまうというような心配もご無用です。
電源を切った後であれば、少し熱いと感じてもそのまま箱に入れていただいて差し支えありません。特に冷ましていただかなくとも、自然と冷めていくのでご安心ください。

このような使用上の注意点を記載した「契約内容確認書」という書類もお客様にお送りしていますので、ぜひご一読ください。

操作方法

USBケーブルによる接続時のみドライバーのインストールが必要となりますが、自動的にインストールが開始される(あるいは画面の指示通りに許可する)ため、パソコン操作に不慣れな方でも簡単にご利用いただけます。所要時間も数十秒程度でございます。

ピント調節は手動での操作になりますが、本体のツマミを動かすだけのため、とても簡単な操作です。操作が自動のものと手動のものがありますが、難しい操作は一切ありませんのでご安心ください。それでもご不明な点がありましたら、お気軽にお電話でお問い合わせください。

知っておきたい基礎知識

(1)ルーメンとは?
映し出す明るさの単位(lm)です。この数値が大きいほど明るくなり、大きな部屋や明るい場所でも使えます。当店のプロジェクターは2500lmまたは3000lmです。

(2)アスペクト比とは?
画面のタテヨコ比のことです。プロジェクターにはアスペクト比が4:3のものや、16:9のものなどがあります。PCやテレビなどの、接続する機器とプロジェクターのアスペクト比を合わせるとしっかりと性能が発揮できます。

(3)解像度とは?
画素の密度を表す数値です。800×600などと表記します。解像度が高いほど映し出す画像も鮮明になります。地上デジタル放送は1440×1080です。

(4)インターフェイスとは?
プロジェクターに対応している接続端子がわかります。当店のプロジェクターのインターフェイスは以下です。プロジェクターと接続する機器が以下のもので接続可能かご確認ください。(接続方法の説明はこちら



スクリーンサイズ

(1)スクリーンサイズ対応表
当店のプロジェクターで使用可能なスクリーンサイズの目安です。スクリーンサイズが大きすぎると光が分散してしまうため、はっきりと映像を見ることができません。

(2)投射距離
プロジェクターには画面を映し出すための適切な投射距離があります。投射距離とスクリーンサイズは比例するため、投射距離が短いほど投影面は小さくなり、長いほど大きくなります。



プロジェクターの機能

(1)台形補正
補正角度はそれぞれ約上下30°、左右30°です。台形補正をすると、投写映像のサイズが小さくなります。




(2)音声出力
・音声出力の説明はこちらをご参照ください。

ページトップへ